中古車業界にも打撃を

中古車業界は自動車をより安く手に入れたいという考えを持つ消費者にとって無くてはならないものです。 しかしこの中古車業界の競争は非常に激しくなっており、如何にして他社からシェアを奪い取るかということによる競争がどこでも見られるようになりました。 その中でも昨今、特に増加を見せているのが「買取専門業者」です。 買取専門業者は「中古車を買い取って、別のオーナーに転売する」という中古車業界で当然であったような営業はほとんど行われておらず、専ら転売する先は「オートオークション」という場になっています。 ユーザーから自動車を買い付けて別のユーザーに対して売るという営業は利益を出せる一方、その時々のお客さんの入りに大きく左右されるという欠点もあります。 そのため、常に需要が発生するオートオークションの場を狙う買取専門業者が出てきたのです。 しかしながらこの買取専門業者は時として、中古車業界にとっての「悩みの種」にもなることとなりました。 特に問題とされるのが「買取専門店での中古車をめぐるトラブルの頻発」です。 買取専門店の中には「電話一本で無料出張査定」というような言葉で広告を打つ業者も少なくありませんが、そうした業者の中には「買取が出来るまで客先を出ない」というような悪質な営業をする業者が少数ながらも存在しており、それによるトラブルが相次ぐようになっています。 消費生活センターなどの相談機関には毎日のように中古車買取を巡るトラブルが報告されており、それによって中古車業界全体に対しても「信用の低下」という形で打撃が与えられることとなりました。 体力のある大手中古車販売店などの場合にはまだそうした打撃にも耐えられますが、そうではない中小規模の中古車販売店は、かつてない苦境に立たされるようになってしまっています。 そうした状況を長く認めていけば、いずれは中古車という商品そのものに対する疑念へと発展することは間違いありません。 現在の中古車業界には、そうしたトラブルに対していかに対応していくかということが求められているのです。

中古車がよくないと思われる可能性が

日本の車というのは非常に信頼性の高い乗り物であるため、メンテナンスをしっかりしていれば何十年と乗ることができます。 そのため、中古車であっても問題なく乗る ⇒ 続き

ブックマークしてね

このエントリーをはてなブックマークに追加

Copyright© 2015 買取専門での中古車巡るトラブルも All Rights Reserved.