購入先でなくなった

自動車を処分する方法としては、新しい車の購入先に下取りしてもらうか、車買取専門店に依頼して買い取ってもらうかの2つがあります。購入先に下取りをしてもらうメリットは、手続きが容易で新しい車を購入先で受け取ると同時にそれまでの車を処分してもらうことができます。 一方で、車買取専門店では高い値段で買い取ってくれますが、注意して行わなければ下取りよりも不利な条件になる場合があります。例えば、消費税を巡るトラブルです。消費税はあらゆる売買において付いて回る税金ですが、消費税込みの買取り価格なのか、消費税抜きの買取り価格なのかをしっかりと確認しておく必要があります。また自動車には自動車税が必要ですが、3月中に名義変更がされなければ、3月時点の所有者に自動車税の請求がやってきます。そのため、手続きが完了したかどうかの確認も重要になってきます。また契約後にクーリングオフをするさいにキャンセル料を取られたりする場合もあります。

ブックマークしてね

このエントリーをはてなブックマークに追加

Copyright© 2015 買取専門での中古車巡るトラブルも All Rights Reserved.