下取りから買取をすることで

一般に車の買い替えの際には、ディーラーでの下取りよりも、買取専門店から買い取ってもらったほうが高値がついて得をすると言われています。これは事実です。というのも、新車ディーラーはあくまでも新車を売ることが専門で、中古車を下取りすることを主たる目的としていないからです。 しかし、車買取店で中古車をめぐるトラブルがしばしば起きます。たとえば、強引な買い取りに困ったという話を時々耳にします。何とか買い取りたいので、必死なのですはわかりますが、やや強引に押しかけてくることがあるようです。また、一度決まった買取価格を、後から事故の形跡があったからと安くさせられるというような、価格が後から変更されてしまうというケースもあるようです。このようなトラブルは、インターネットで検索すれば、いろいろ見つけることができるでしょう。もちろん、そうそう頻繁にあるわけではありませんので、それほど神経質になる必要はないのですが、それでももし中古車をめぐるトラブルが心配な方は、ディーラーでの下取りを通して中古車を売却するのも悪くはありません。 もともと買取専門店が登場するまでは、ディーラーでの下取りは、多くの人が行っていたことでした。下取りの魅力は、新車を購入するついでにできるので、手間がかからないことです。しかし、それだけでなく、信頼のおけるディーラーに中古車を買い取ってもらうということで、トラブルが少ないというのも大きなメリットなのです。ディーラーは信用が第一ですから、お客様とのトラブルがないような対応をしてきます。今後も長く付き合っていくわけですから、強引なこともありません。 そのようなことも含めて考えると、従来の行っていたようにディーラーから中古車を下取りしてもらうという選択もありだと思います。特に、人気があまりない車だったり、そのディーラーが扱っているメーカーの車の場合は、決して悪くない価格を付けてくれることも少なくないですよ。

購入先でなくなった

自動車を処分する方法としては、新しい車の購入先に下取りしてもらうか、車買取専門店に依頼して買い取ってもらうかの2つがあります。購入先に下取りをしてもらうメリットは  ⇒ 続き

ブックマークしてね

このエントリーをはてなブックマークに追加

Copyright© 2015 買取専門での中古車巡るトラブルも All Rights Reserved.